User's Gallery

  • 点と線とオルタナティブ

    19/05/06 びっくりあわせ大坪&還暦伊東J / Vibrotone Tandem
     
     Vibrotone Tandem にてワンツーフィニッシュ達成です!
     
     わたくし大坪はシャローの岬で点で誘っての引ったくりバイト。相方伊東は同じくシャローの岬でノーマルスピードでただ引き中に引ったくりバイト。共に激しい出方でした。
     
     しかしタンデム、物凄い集魚力です。曇天の空の下、キラキラと水中で輝く二対のブレードを好奇心旺盛な子バスの群れ、さらにはその子バスを狙うまあまあサイズのバスたちが追ってくる様が有り有りと。

     そして実際にバイトまで至るのは比較的良型のバスなのかな、と。まるでデカバスをイラッとさせるスイッチがタンデムには内蔵されているかのよう。このルアー、思いのほか芸達者であることが使っていてすぐに分かりましたし、そのデカバスキラーなポテンシャルの高さを考慮すれば常にタックルボックスに忍ばせておきたいルアーですね。特異な形状でこの効力。まさにオルタナティブ!唯一無二!

    「点と線とオルタナティブ」への1件のフィードバック

    1. Masami Motoki より:

      オルタナティブはいいねえ。まさにその効果はスピナーベイトみたい。しかも、浮く、止めて点で誘えるのはスピナーベイトにはないこいつだけの利点です。しかしこのコンビ、乗って来ました。調子に乗らせると恐るべし。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る